ブログTOP > アプリ・ツール > Macでのファイル結合(連結) 2つの方法

2010年07月02日

Macでのファイル結合(連結) 2つの方法

(1) 末尾が連番のファイル

以下のような
  • file.avi.001
  • file.avi.002
  • file.avi.003
拡張子のうしろの、末尾が連番になっているようなファイルは、非圧縮で単純にファイル分割されている可能性が高いです。
復元するには、結合コマンドで単純にファイル連結すればOKです(単純結合)。
ターミナルを開き、
cd /path/to/video/
cat file.avi.001 file.avi.002 file.avi.003 > file.avi
という処理を順に記述し実行します。

※ /path/to/video/ の部分は、連結したいファイルのある場所(/Users/ユーザー名/Movie/ など)に置き換えて指定してください。

これで、file.avi というような名前の結合ファイルが生成されます。
もとの分割ファイルも残っています。

ちなみにWindowsでは、コマンドプロンプト(cmd.exe)で
cd c:\path/to/video/
copy file.avi.001 /B + file.avi.002 /B + file.avi.003 /B file.avi /B
で同様の処理が行えます。

UNIX コマンド [cat]
http://www.k-tanaka.net/unix/cat.html


(2) 分割rar書庫

以下のような
  • file.part1.rar
  • file.part2.rar
  • file.part3.rar
分割書庫の場合は、フリーウェア「UnRarX」を使用すればファイル連結・復元できます。

UnRarX
http://www.unrarx.com/

UnRarXを起動して、Finderから解凍ファイルをウインドウにドラッグアンドドロップにするだけ。
ドロップしたとたん解凍が始まってしまうので、複数ファイルをいっぺんに放り込みましょう。


■ この他のMac関連TIPS

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by taichistereo at 14:00 | Comment(0) | アプリ・ツール
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリクラウド
トップページへ戻る
Blog Widget by LinkWithin