ブログTOP > Windows > Windowsのタスクマネージャを起動するための4つの方法

2010年07月03日

Windowsのタスクマネージャを起動するための4つの方法

実行中のプロセスの確認や、おかしな挙動のアプリケーションを強制終了するために欠かせない、
Windwosの「タスクマネージャ」の起動方法に関するTIPSです。

ぼく自身は、10年近く (1) の方法しか知らなかったのですが、
Windowsには標準で複数の起動方法が用意されていました。
リモートコントロール環境下や、キーボード不調時など特殊な状況での操作のために
覚えておくと役に立つことがあるかも知れません。


(1) (たぶん)もっとも一般的な方法
Ctrl + Alt + Del キーを同時に押し、表示されるダイアログから「タスクマネージャ」 をクリック

ちなみに、マウスが使えない場合はキーボードのTab キーで押したいボタンを選択して、Enterキーでボタンを押すことが出来ます。


(2) キーボード入力一発で起動する方法
Ctrl + Shift + Esc キーを同時に押すと、一発でタスクマネージャ が起動します。


(3) 直接実行ファイルを指定して起動する方法
「スタート」ボタンを押して表示されるスタートメニューから、「ファイル名を指定して実行」をクリックし、
taskmgr
ま たは
taskmgr.exe
と入力します。
これでパスを省略して、タスク マネージャの実行ファイルそのものを直接指定して起動することが出来ます。
エクスプローラでアプリケーションのアイコンをダブルクリックしたのと 同じことをしたわけです。

ちなみに、実行ファイルの格納されているパスは、Windowsのシステムフォルダ
C:\WINDOWS\system32
で すので、ここからショートカットを作ってもいいかもしれませんね。


(4) マウスだけで起動する方法
タス クバー右クリックして表示されるメニューから「タスクマネージャ」をクリックします。

これが一番簡単かもしれませんね。家族に電話 越しで説明するときなどはこれが一番分かりやすくて誤解の心配がないかもしれません。



■ この他のWindows関連TIPS


posted by taichistereo at 06:31 | Comment(0) | Windows
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリクラウド
トップページへ戻る
Blog Widget by LinkWithin