ブログTOP > ものづくり論 > ニンテンドーDSのピクトチャット機能をビジネスに活用(1)

2010年07月07日

ニンテンドーDSのピクトチャット機能をビジネスに活用(1)

タイトルに(1)などとナンバリングをつけていますが、別にこの記事はこれ一本きりです。

というのもこの記事の内容は今から何年も前に書かれたアイデアメモで、
そのときは順に考えを深めていきながら実効性のある企画にしようと考えていたのでした。
ただ残念ながら、このアイデアを自分だけでは最後までツメきれませんでした

企画未満のアイデアメモですが、このまま自分のハードディスクの肥やしにしているのも勿体ないので、どなたかの役に立つことを期待して、ここにメモのまま公開しようと思います。

このアイデアが、どなたかのところで水を与えられ花を咲かせることがあればいいなと思います! 
 
 
■ ニンテンドーDSのピクトチャット機能をビジネス活用(1)

(1)会議でのコミュニケーション補助
    個別/極小のホワイトボードを共有する
    
    (既存のホワイトボードと比べたメリット)
    誰でもいつでも記入する事が出来る
    頻繁に図解が必要になる議論で有効
    通常の会議スタイルでは生まれなかった創造性が発揮されるかも
    
    (デメリット)
    過去ログを出力出来ない(ホワイトボードにはプリント機能がある)
    膨大な数になると過去ログが流れてしまうかもしれない
        -> 書記が、大きなホワイトボードや議事録に写し取っていくべき
    そもそも、メモ帳やA4紙などでも代用はできる


(2)飲食店での、ホール係と厨房でのメッセージング
    (欠点)
        相手が理解したかがわからない
        声を出した方がずっとよい
        業務フロー上、厨房から注文の品をホール係が受け取るときに、どうせ対面することになり、対面式のやりとりを基本の導線とするのが自然である
    (仮説)
    互いがそんなに忙しくなく、(相手の理解を信頼出来る)
    静けさが重要な場面であり、(声を出さない方が良い)
    対面式のやりとりが基本的に発生しない(遠隔でのメッセージングが中心になる)シチューエーションでは、DSピクトチャットは有効ではないか。



会場整理
    声を出した方がずっと良い

DS鬼ごっこ

映画館でリアル「ニコニコ動画」

インターフォンのかわり


社内メッセージングツール
    離れた席にすわったまま簡易会議
    PCと物理的にちがうハードウェアである
        -> 面倒、手間が増える
        -> PC画面に影響しないので、作業を継続しやすい
    メッセンジャーツールで代用ができる
        -> 手書き、図解に強い
        -> ネットワークの無い環境でも使用出来る

1台でのメモ、2台でのメモ
    まず、単純なメモ帳として使用可能。
        保存はできない。
    さらに、1人で2台使う事で、
        1台をON/OFF自由なメモクライアント(送信専用)、もう1台を立ち上げっぱなしのメモサーバー(受信専用)にする
        保存は出来ないが、貯め続ける事が出来る



このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by taichistereo at 13:19 | Comment(0) | ものづくり論
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリクラウド
トップページへ戻る
Blog Widget by LinkWithin