ブログTOP > ものづくり論 > サッカーの作戦ボードを自作してみた

2010年10月10日

サッカーの作戦ボードを自作してみた

サッカー中継/録画をより楽しく見るために、チームのフォーメーションを図示して状況を理解する為の「作戦版」を自作してみました。

出来上がりの写真はこちら。 101010_163640.jpg

こんな感じ。
ゴールキーパーを除いた10人対10人で、わかりやすく赤と青に分けてみました。

材料はすべて100円屋さんで調達してきました。
ホワイトボード ×1
12個入りミニマグネットセット(赤) ×1
12個入りミニマグネットセット(赤) ×1
12個入りミニマグネットセット(POINT!) ×1
ビニールテープセット ×1
以上500円。

上から見た図。
青チームは4-2-3-1、赤チームは4-2-2-2。

101010_163708.jpg

「POINT!」というのはボールの代わり。ほんとはサッカーボール柄とか「GOAL!」とか書いたのがあれば最高だったけど、仕方なく白黒でいちばんそれっぽいものに。

実際のゲームのようにフィールドにひろげてみるとこんなかんじ。
青のダブルボランチ(ドイスボランチ)が引き気味で赤のツートップをマークしようとしているようなディフェンシブなイメージ。
赤はゾーンで守ってるイメージ。

101010_164139.jpg

ななめに写してみるとちょっとカッコいい。

101010_164151.jpg


最後に、赤が左(LM)から突破を試みて、青の守備陣が右にひきずられているような状況の例。
2010シーズンJ1第25節の大宮-浦和のさいたまダービーでの、大宮の得点シーンがこんな感じでした。
赤の左ミッドーフィールダーがゴール前右でフリーにストライカーにアーリークロスをあげてゴール!みたいな。

101010_164412.jpg

101010_164430.jpg


この作戦ボードでは少し小さすぎるので、もう一回り大きいホワイトボードにすべきだった気がします。
(値段が高かったのと作りがちゃちかったので、写真のやつにしました><)

この小さいのは本当は、ハーフコートだけを図示するためにするか、フットサル用にしたら実際のゲーム等でも使えるかも知れません。


さて実は、この作戦ボードは、趣味でサッカー観戦に使う為だけでなく、
同種のデジタルツールを作成するためのちょっとしたテストのつもりで作りました。

iPhone AppStoreですでに作戦ボードアプリがリリースされていますが、使いづらいしシンプルすぎるし線も引けないのでガッカリでした。
もっと楽しくて実用的なものを何らかの形で公開したいなと思っています。

僕のことなのでいつもどおり、何かこれまでにないコンセプトの提案を含んだ、メディアアート的なものを作りたいと思っているのですが、これからちょっとずつ考えていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by taichistereo at 17:58 | Comment(0) | ものづくり論
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリクラウド
トップページへ戻る
Blog Widget by LinkWithin