ブログTOP > アプリ・ツール > 新しい「FFFTP」1.94 は 地味に超進化してる!

2007年09月13日

新しい「FFFTP」1.94 は 地味に超進化してる!

ご存知・定番のFTP通信クライアント「FFFTP」の、新しいバージョン1.94がリリースされました。

http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/

ソフトに添付されたリリース履歴ドキュメントによると、


・平田豊さんがnakkaさんのライブラリを使って、OLEドラッグ&ドロップを実装
 してくださいました。FFFTPからエクスプローラなどへのドラッグ&ドロップが
 できるようになりました。

・平田豊さんが、ホスト上でのファイルの移動を実装してくださいました。
 ホスト側にあるファイルを、子フォルダに移動させることができます。


とのこと。

ちなみに上記に名前が出ている「平田豊さん」なる人物はITmediaで記事を書いていて、UTF-8対応のTeraTermをリリースされている方だそうです。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%ca%bf%c5%c4%cb%ad


さて、久しく大きな変化がなかった定番ソフトなだけに、このバージョンアップは目を引きます。
これって、一見地味だけれど、日常的にFFFTPを使っている人間にとっては「とうとうきたッ!」って感じの新機能です。

今までも、できないと分かっていながらもついついFFFTPからファイルをデスクトップなんかにドラッグアンドドロップして「あーそうそう、できなかったんだよね」って同じ発見を繰り返す、ってことが月に一度はありました(学習障害の疑い?)。

ホスト上でのファイル移動も、年に一度はやってしまってます。

僕だけじゃなく、なんでできーねーのかなぁ、と思ってる人はそれなりに多かったと思うのですが、さりとてWinSCPを日常的に使うのは何となくちょっと思い気がしたり、文字コードとか拡張子ルール、パーミッション変更なんかの設定もFFFTPのインターフェイスがいちばんしっくりくるというんやないでしょうか。
そもそも、FFFTPとともにインターネット時代を歩んできたような感覚すら僕にはあります。

そんなFFFTPでやっと、地味だけれど欲しかった機能が。。。

ちょっとうれしい話でした。


しかしこれだけみんなに使われるソフトを個人で抱えている、というのはどういう感覚なんだろうか。。。
長いスパンのことなので悪く言えばルーティン化した義務感のようなものももちろんあるんだろうけど、世間に与える影響を考えたら責任や使命感なども感じてらっしゃることでしょうね。

いやそんなことよりも、社会にコミットしている感覚や充実感がリアルにあるんだろうな。

面白い経験だろうなー
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by taichistereo at 03:32 | Comment(2) | アプリ・ツール
ご紹介どうもありがとうございます。
FFFTPは実はBSDライセンスに基づくオープンソースソフトウェアなので、多数の方のコードが含まれていますね。
一人だけで無償でやっていくのは、オープンソースでなければ、モチベーション維持も大変です。
Posted by ゆたか at 2007年09月14日 09:18
> ゆたか さん

はじめまして!
わざわざレスをいただき本当に恐縮しております。。。
完全に勘違いしていたのですが、まさかFFFTPが修正BSDライセンスだったとは!

てっきりsotaさんという方お一人でリリースしてきたフリーウェアなんだとばかり勘違いしていました。。。
ゆたかさんはじめ、コードを提供されている方々にはかえって失礼な記事になってしまってすみませんでした。

友人にdebianのプロジェクトに参加している人がいるのですが、彼らhackerのスキルや先見性、社会貢献には本当に頭が下がる思いです。
ゆたかさんも、オープンソースコミュニティでの無償の実績が社会的な自分の武器になって仕事を生んでいらっしゃるように見えます。本当に素晴らしいことですよね!

僕もいつか、何か本当に有益だと信じられる価値あることを仕事にできるよう精進します!
Posted by taichistereo at 2007年09月16日 06:10
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリクラウド
トップページへ戻る
Blog Widget by LinkWithin