ブログTOP > WEBディレクション > 『ニコニコちゃんねる(ZZ)』:「2ちゃんねる」全スレッドを「ニコニコ動画」風の字幕で表示

2007年10月30日

『ニコニコちゃんねる(ZZ)』:「2ちゃんねる」全スレッドを「ニコニコ動画」風の字幕で表示

コエカタマリン公式サイトではまだ正式にアナウンスしていませんが(理由は後述)、
「ニコニコ動画」風の字幕スタイルで「2ちゃんねる」全スレッドを見るためのwebサービスを
先日こっそりリリースしました。

■ 新サイト「ニコニコちゃんねる(ZZ)
http://www.nicoch.net/

昨日・今日と周囲の知人に見てもらったのですが、
彼らから得られた反応は、

「読みづらいけど、まぁ面白い」

という感じでした(10人中9人!)。


「面白いけど、読みづらい」ではないのが悩ましいところです。

技術ドリブン(「出来そう?→出来る!→出来た!」)のモチベーションで開発・公開した本人の意識としては

「面白いでしょ?直した方がいいとこもいっぱいあるけど」


って感じなのですが、
本人以外の いきなりパッと見てくれた人のファーストインプレッションは見事に逆で、

「直せそうなところがいっぱいある(けど、まぁ面白いんじゃない)」

ってかんじの反応ばかり。
貴重な意見をいくつも聞くことが出来ました。


作った本人は、技術的なコアの部分が完成して、最低限 人に見せてしまえるなと思った時点で「作れた」ことに結構納得してしまっているんだなぁと改めて発見しました。


こういった技術ドリブンの直情型サイト(・ω・)の場合、
一般のユーザーがせっかく訪問してくれても

・直せそうなところがいっぱいある
  ↓
・完全でない(不完全である)
  ↓
・本気でやってない、すげー中途半端なことやってる
  ↓
・真剣に見るに値しない

と感じているであろうことは容易に想像できます。
ソーシャルブックマークにメモしてくれることもなければ、クチコミで拡がることもなさそう。


つまり、
作って公開したからには、ディティールにも心を配らなければいけなかった。
いや、細かいところ全部作り込むっていうよりは、作った本人の満足感をいっかいリセットして、ユーザーの目線から本当に面白いものっぽく見えるかどうかを冷静に問い直す必要があるんですね。

開発してる本人的には「9割がたオッケーじゃん?」というところで手を止めてしまうと、
自分以外ほとんどのユーザーにはちっとも届かないwebサービスにしかなりえないから
すげー損しちゃうことになる。

そう考えると、僕の運営してるサイトはほとんどが自己満足に思えてくる。
アチャポー。

作った本人に言わせれば、せっかく休日を費やして作ったんだし、せっかくドメインもとってサーバーも契約したんだからすぐにでも人に見てもらいたい。

第三者的に冷静に見直す、というのは難しいし、作った満足感の熱が冷めるまで時間がかかるからめんどくさい。

でも、「個人運営の割にはよくできてるね」「これからも暖かい目で応援してあげよう」なんて思ってくれるエンドユーザーは、どこにもいないのです。
単純に、そのサイトがユーザーの目に面白いものとして映るかどうかがすべてなのです。



というわけで今回の「ニコニコちゃんねる(ZZ)」のリリースからは、
自分的にはオーバーワークなぐらい作り込んでからサイト立ち上げをアナウンスする
すべきだと思い、今はまだこっそりと仮オープン状態のままにしておこうと思います。
(つまり「サイレントリリース」。)

またひとつ、自分の考えが至っていなかったことに気づけてよかった(・ω・)
その意味では、親しいけれど厳しい目を持った批判者の意見を事前に聞いておけてよかったです。

周りから「新しいことを色々自分でやってる人」って思われていることで 自然に批判をもらえるような関係を構築することは大切なんだなぁー。

みんなありがとうね(・ω・)
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by taichistereo at 03:12 | Comment(2) | WEBディレクション
それすごいわかる・・・
考え方や思考、行動に至るまでのプロセス、感情までほんとそっくり!
俺は自分のことをこんな風に上手く文章に纏めて表現することはできないけど、まさにそんな感じ!
あまりにわかりすぎてしまって俺も再認識に便乗させてもらいました(⊃д⊂)

でもこういうモチベーションを発揮できる事ってすごく大事だと思うんよねー。好きこそものの上手なれですよ!うん!
Posted by Kazu at 2007年10月30日 19:41
年末年始にお互いのサイト群をレビューしてみましょうか?

何事も、普通に考えれば当たり前のことでも、自分の実感として獲得するのは時間がかかりますよね。

実感するにはやるしかない!ってことで、こういう発見が出来ただけでも色々やってきてよかったなぁと思えます(・ω・)

モチベーションは必須だけれど、とうとうもはやそれ自体が問題ではなくなったのかもしれません。
良いモノを作ろうとするモチベーションは自分にとって「あって当たり前」になりつつあるというか(頭ではなく行動レベルで)。

今回の発見は、その向こう側の問題に自分の足でたどり着いたということかもしれません。
Posted by taichistereo at 2007年11月04日 07:16
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリクラウド
トップページへ戻る
Blog Widget by LinkWithin