2015年06月17日

30分でできる!パスワード使い回しをやめる簡単な方法

username-and-password-shutterstock.jpg

個人や会社内でのセキュリティ対策として「パスワードの使い回しを止めましょう」とはよく言われることです。

近頃はブラウザでパスワードを覚えてくれる機能が使いやすくなってきたり、パスワード管理ソフトが普及してきたことから、パスワードをひとつひとつ覚えておいたり、紙に書いておいたりする必要はなくなってきました。
Google ChromeやFirefox、Safariでは複数のコンピュータ・スマホ・タブレットを使用していてもアカウントでログインすることでパスワードなどの入力情報が一元管理されるようになっていて、本当に便利です。
気合を入れて頑張らなくても、パスワードの使い回しから脱出しやすくなっているというのが事実です。

だけど、それでも!
こんなに便利になっても、それでも「パスワードを使い分けるのが面倒くさい」という人はいっぱいいるはずです。

そこで、パスワードの使い回しをやめるもっとも簡単な方法の紹介です。

それは、これまで使いまわしていたパスワードの後ろとか頭とかに、ログイン先のサービス名・アプリ名などをひっつけるというものです。

例えば、パスワードとして「password」という文字列をいろんなところで使いまわしているとします。
このパスワードひとつだけは覚えているという前提で、使い回しを止めるには?
YouTubeの場合は、

  • password-YouTube
  • passwordYT
  • YT!password
  • password+youtube
  • password_youtube
  • password_2015_YT

といった具合に、ログイン対象の名称をパスワードに付け加える(含める)のです。

上記の例で言えば、yahooの場合は
password_Yahoo

Facebookの場合は
password_Facebook

のようにすれば、自分ではすべて覚えいて入力しやすいけれども、決して使い回しではないという状態になりますよね!
この調子で、すべての使い回しパスワードを変更してしまえばいいのです。

セキュリティ対策としては邪道かもしれませんが、妥協案としては大いに検討の余地ありだと思います。

posted by taichistereo at 09:00 | Comment(0) | セキュリティ

2015年06月16日

PHPのデバッグ関数まとめ

// printデバッグ/echo デバッグ
echo "here";
print "here";
print("here");

// 処理が終わる前でも出力していく
echo $hoge;
flush();
ob_flush();

// 配列・オブジェクトの中身も一緒に表示
print_r($hoge)

// さらに型などもしっかり表示
var_dump($hoge);

// 見やすく表示
echo '<pre>';
var_dump($hoge);
echo '</pre>';

// ソースコードのように表示
header('Content-Type: text/html; charset=utf-8');
var_dump($hoge);

// 関数呼び出し元を確認
debug_backtrace()

// インクルードされているファイルを確認
get_included_files()

// 読み込まれている定数を確認
get_defined_constants()

// エラーログ
error_log('あいうえお')

// syslog
syslog(LOG_INFO, 'あいうえお');

// PEAR::log
$log->log('あいうえお');

posted by taichistereo at 09:00 | Comment(0) | コエカタマリン

2015年06月15日

「Uncaught TypeError: $ is not a function」というエラーが出たらどうするか

jQueryのプラグインを使ったりしているサイトで、自分でも追加でjQueryのコードを書こうとして

Uncaught TypeError: $ is not a function

スクリーンショット 2015-06-14 9.17.34.png

とか言って怒られた場合には、
$('div')....
jQuery('div')....
という風に、$ を全部 jQuery に書き直せばちゃんと動くようになります、大抵の場合。

posted by taichistereo at 09:00 | Comment(0) | Javascript

2015年06月14日

自分のサイトから他のサイトに外部リンクする際にリファラーを隠蔽する方法

698279671_fe5148da78_z.jpg
Photo by Ryan Sims (CC BY-NC-ND 2.0)

何らかの理由で、自分のサイトからほかのサイトに向けて張られた外部リンク(External Link/Outbound)において、相手方にリンク元(リファラー)を伝えたくない、残したくないという場合があります。

サイトの構造を外部におおっぴらに知られたくない場合や、サイトの存在自体をあまり知らたくない場合、競合他社などにあまり気づかれたくない場合などなど。。。

自分一人の行動を知られたくないだけなら、ブラウザのプラグイン(アドオン)などを利用すれば個人の行動ログを守ることができます。
ですが、サイトのユーザー(閲覧者)全員の行動の話として、それをすべてブラウザ側でコントロールすることは不可能です。(ユーザーそれぞれ異なるPC/ブラウザからアクセスしているので当然です)

このような場合、クライアント側ではなく、サーバー側で「リファラを操作する」仕組みを作っておく必要があります。
こう書くととても難しそうですが、実際リファラを「偽装」するのは面倒ですが、隠蔽(隠す・相手方のサーバーに残らないようにする)だけなら簡単な方法があります



>> 続きを読む



posted by taichistereo at 08:58 | Comment(0) | SEO

2014年12月02日

Evernoteが同期できない場合(OSStatus error -9800)解決策3つ

Mac版Evernoteで10MB以上の大きなファイルを添付して同期しようとした際に、同期エラーが起きることがあります。

Evernoteの添付ファイルの上限は、
  • 無料ユーザー 25MB
  • プレミアムユーザー 100MB
となっています。
Evernote Knowledge Base | Evernote

私はプレミアムユーザーに登録していて、今回添付しようとしたのは「大きい」と言っても17MBのPDFファイルです。仮に無料ユーザーだったとしても、ファイルサイズ的には問題ないはずです。
ではなぜエラーが起きているのでしょう?


エラー画面の詳しい説明を見てみると
操作を完了できませんでした。(OSStatus エラー -9800)
と出ています。

evernote9800.jpg

「OSStatus error」というのはMac OS自体が吐くエラーなのですが、ターミナルでmacerrorコマンドを使って調べてみても
macerror.jpg
こんな感じで、要領を得ません。

結論から言うと、これはどうも新バージョンのEvernote.appが原因のようで、バージョン5.5以前のものをインストールし直せば問題を回避できるようです。
これがまず解決策の1つ目です。

とはいえ、全ノートの同期なんかをやり直している時間はないし、そもそも古いバージョンのインストーラーも残っているのだろうか...?という場合は、次の方法があります。


1. まず、同期エラーをキレイにしておく
同期に失敗したノートを削除します。
ゴミ箱にも残しておかないように、ゴミ箱に移動して、完全に消去します。
これでいったん同期のエラー状態は無くなり、いつもどおり同期できる状態になります。

evernote9800_2.jpg
(同期ボタンに赤いマークが残っているとまだエラー状態)

ついでに、ゴミ箱にある他のノートも、エクスポートしてから消してしまうといいでしょう。
もしかなりの数のノートがゴミ箱にあったら、それを消すとEvernoteのパフォーマンスが上がります。
(私のEvernoteにはノートが7000ほどあるので、数ヶ月おきに整理するようにしています)

実はここまでで、同期の問題が解決する場合もあるようです。
改めてもう一度先ほどエラーが起きたファイルを添付してみて、同期させてみましょう。
ここまでが解決策の2つ目です。
(私の場合はまだダメでした)

これでもダメなら、もう一度ノートを消去しておいてから、次の方法を試します。


2. メールからEvernoteにファイルを送る
デスクトップ版のEvernoteに起因するエラーなので、Evernoteメールアドレスにメールを送る方法でノートを作成すれば上手くいくはずです。
(ファイルをまずEvernoteクラウドにアップロードしておいて、デスクトップアプリにダウンロードする)

自分の「アカウント情報」を見れば、メールアドレスが表示されています。
このメールアドレス宛にファイルを添付して送信すれば、Evernoteにノートが作成されます。写真でもPDFでも何でも。

evernotemail.jpg

とはいえ、メールにファイル添付するときは、これまた添付ファイルの容量制限というものがありますよね。
5MBまでとか、3MBとか。プロバイダー等によって異なります。
エラーになってMailer Daemonからメールが帰ってくるパターンです。

ここで便利なのがGoogleのGmailです。
Gmailの添付ファイルの容量制限は、25MBまで。メールにしてはかなり大きいです。
添付ファイルを追加する - Gmail ヘルプ

オンラインのGmailサイトにアクセスして、メールを作成します。
宛先はさきほどのEvernoteメールアドレス、件名は適当に、ファイルを添付するのを忘れずに。

送信完了からしばらくして、Evernoteを同期すると、メールで送ったファイルがEvernoteクラウドからダウンロードされます。
以上が最後の、解決方法3つ目です。


早くEvernote側がデスクトップアプリを修正してくれればいいんですけどね...

参考)
Could not sync note (OSStatus error -9800 - Evernote - Evernote User Forum

posted by taichistereo at 04:33 | Comment(0) | アプリ・ツール

2014年11月13日

Windowsアプリ「毎日の美しい写真」で画像が保存される場所

Hongsong Liさん作のWindowsアプリ「毎日の美しい写真(Daily Beautiful Pictures)」は、Microsoftの検索サービス「Bing」のトップページで使われている美しい写真を自動で保存しておくことができるアプリです。


>> 続きを読む



posted by taichistereo at 05:07 | Comment(0) | Windows

2014年11月12日

Gmailでメールを印刷する時にロゴを削除する方法(IE/Chrome/Firefox)

gmailprintlogo.png

Gmail上でメールを印刷したい。でも、「Gmail」というデカいロゴが入ってしまって困る。
こういう場合に、ロゴを消して印刷する方法です。

◆Chromeの場合

◆Firefoxの場合

どちらのブラウザ(の記事)でも共通しているのは、
  1. ブラウザにStylishをインストールする(拡張機能またはアドオン)
  2. Stylishにユーザースタイルシートをインストールする
という手順です。

IE(Internet Explorer)の場合はStylishを使いません。下記の記事を参考にしてください。

◆IE(Internet Explorer)にユーザースタイルシートをインストールする手順


いずれの場合でも、最終的にインストールすることになる「ユーザースタイルシート」はこちらです。


このあと、通常の手順でメールを印刷すれば、ロゴが入っていません!

(ちなみに私の場合は、資料として「Steam」で購入したゲームアプリの領収書を印刷する時に役に立ちました。)

posted by taichistereo at 14:43 | Comment(0) | アプリ・ツール

2014年11月07日

自作アナログゲーム「ゲームじゃない」を考案しました

zz

2013年から、私を含む知人3人が中心となって、アナログゲームの勉強会「どろがめカフェ」を毎月都内で行っています。
普段はアナログゲーム関連の記事は勉強会のサイトのほうに書いているのですが、今回はその出張版的な意味でこちらのブログに書くことにします。

今回「どろがめカフェ」会員ナンバー2番こと 私 @taichistereo が、シンプルな新しいゲームを考案したので、その紹介です。

アナログゲームを「考案」といっても大したものではなくて、シンプルなパーティゲームと呼ぶべきもので、どちらかというと一発ネタみたいなノリで考えたんですが、よければ見てやってください。

◆プレイ条件
2人以上いれば始められます。(※上限は特になし)
道具は何もいりません
(何かしらトークンが一種類あればちょっとだけ便利かなという程度です)

次回改めてプレイ動画を撮ってアップしたら面白さ(下らなさ)がわかってもらえると思うのですが、とりあえず今回はルールをまとめた資料をどうぞ。


>> 続きを読む



posted by taichistereo at 21:04 | Comment(0) | ゲーム
Blog Widget by LinkWithin